youtube動画

津和野×吉賀コース

山陰の小京都と称される津和野は津和野藩の城下町として栄えました。この歴史豊かな町から吉賀にある高津川の源流を目指します。

全体マップを確認する
津和野×吉賀コース

start

津和野温泉なごみの里 つわのおんせんなごみのさと

朝の温泉でパワーチャージ!

城下町津和野の道の駅にある温泉、津和野温泉なごみの里。
湯には天然ラドンが含まれていて、身体の芯から元気になれそうです。
樽風呂や遠赤外線サウナなどの和風風呂とジャクジーやミストサウナのある洋風風呂は週毎に男女が入れ替わるそうなので、どちらに入れるかはお楽しみです。
効能は神経痛、筋肉痛、冷え性ですので、日頃の疲れを癒やし、冷えた手先足先を温めましょう。露天風呂に浸かり、緑の山々にかかる雲海を眺めながら深呼吸。朝湯をすると血流が良くなって頭も脚もよく回るんですよ。
朝の温泉は活力あふれる一日を過ごすためにもおすすめです。
体が目覚めてきたところで、ロードバイクに乗ってサイクリングスタート!

泉質
単純放射能冷鉱泉
効果
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみくじき、慢性消化器病痔疾、冷えなど
所在地
島根県鹿足郡津和野町鷲原イ256
営業時間
10:00〜21:00 (最終受付 20:30)
定休日
木曜日
TEL
0856-72-4122
※自転車組み立て可能
WEBサイトはこちら
津和野温泉なごみの里
2.4km

太皷谷稲成神社 たいこだにいなりじんじゃ

鳥居の先に見える壮大な津和野の景色

津和野川沿いを進むと左手に赤い鳥居の連なる山が見えてきました。津和野城の鬼門に建立された太皷谷稲成神社です。
千本鳥居をくぐりながらつづら折りの階段を上っていくと、鮮やかな朱色に包まれた本殿が現れます。眼下には盆地に広がる津和野の街並みが。
紅葉にも見える石州瓦の色合いは目にも心にもほんのりと温かく、町全体から脈々と続いてきた人の営みが感じられます。

所在地
島根県鹿足郡津和野町後田409
TEL
0856-72-0219
WEBサイトはこちら
太皷谷稲成神社
0.2km

津和野殿町 つわのとのまち

城下町の風情を感じる

町の中へ自転車を進ませ、上級家臣の居住地だった殿町へ。藩校や武家の表門などの面影が残されています。掘割には大きな鯉が優雅に泳いでいました。今も大切に受け継がれている城下町の風情に心も和みます。

所在地
島根県鹿足郡津和野町後田殿町通り
TEL
一社)津和野町観光協会
0856-72-1771
(受付時間 9:00〜17:00)
WEBサイトはこちら
津和野殿町
0.2km

食

寿司処 あおき すしどころ あおき

奥ゆかしい地元の味

津和野駅前にある寿司処あおきさんへ伺い、初めてうずめ飯をいただきました。
運ばれてきた大椀の蓋をあけると、汁の中に盛られた白飯が姿を見せました。れんげで飯の真ん中をくずすと、中から色とりどりの具がこぼれ出します。立ち上る湯気をかき分け、れんげにすくって頬張ると、淡く煮込まれた具の香りが口いっぱいに広がりました。
地元で採れたわさびの豊かな香りとつんとした辛味がいいアクセントになっています。
「山峡のささやかな菜でもてなすにはお粗末で忍びない」という奥ゆかしい思いがこの不思議な姿を生み出したとのことですがその慎ましさと心遣いに頭の下がる思いがしました。
サイクリストの腹を温かく優しく満たしてくれる逸品です。

昼食
うずめ飯
ジャンル
小料理、寿司
所在地
島根県鹿足群和野町後田イ-78-10
営業時間
11:00〜15:00、17:00〜22:00
定休日
火曜日
TEL
0856-72-0444
寿司処 あおき
20.6km

左鐙 さぶみ

静かな集落に潜む熱いエネルギー

高津川とその水に育まれた水田を眺めながら道を進むと、大きな石鳥居と平屋の可愛らしい校舎が現れました。 映画『高津川』の舞台にもなった左鐙小学校跡です。 地域全体で教育をしていた左鐙地区。静かな集落に熱いエネルギーを感じながら、さらに上流へ進みます。

所在地
島根県鹿足郡津和野町左鐙
左鐙
16.8km

ポケットパーク

ちょうどいい一休みスポット

高津川の流れに沿うようにゆったりと蛇行しながら続く国道187号。その途中にある吉賀町真田の河原にあるポケットパークで一休みしました。軽食を楽しむこともできるサイクリストも気軽に立ち寄れるスポットです。

所在地
島根県鹿足郡吉賀町真田
ポケットパーク
0.9km

奇鹿神社 くしかじんじゃ

伝統ある壮大な神社に想いを巡らす

山間の里の中にある奇鹿(くしか)神社は約1200年の歴史をもつ神社です。
昔々、北九州近辺を駆け回り人々や家畜を襲って悪さをしていた八畔鹿(やくろじか)という化物がいたそうです。その鹿を退治し、霊を祀ったのが始まりだとか。以来、この地は悪い鹿が良い鹿になるようにと願いを込め「よいしか よし→か(吉賀)」と呼ばれるようになったという逸話も。この伝説は神楽の演目にもなっていて、様々な舞台で舞われているそうですよ。「八畔鹿はあの山を駆けていたのだろうか」と思いを巡らせながら走るのもまた一興です。
この神社には出世開運のご利益もあるそうですので、少し脚を止め、手を合わせていくことにしました。

所在地
島根県鹿足郡吉賀町七日市458
奇鹿神社
14.9km

水源公園 すいげんこうえん

高津川の水源と一本杉

上り続けると大蛇ヶ池が平坦な地に忽然と現れました。ここが総延長81kmにも及ぶ高津川の水源です。樹齢1,000年以上と言われる一本杉に守られたこの湧水が、吉賀町から津和野町、益田市へと流れ、日本海へと注ぎます。
自転車で高津川の旅を遡ることができました。

所在地
島根県鹿足郡吉賀町田野原435-1
営業時間
[水源会館] 9:00~17:00
定休日
[水源会館]
火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)
冬期間12月~2月(但し1月2日~4日は開館)
TEL
0856-77-1930
WEBサイトはこちら
水源公園
7.4km

むいかいち温泉ゆらら

爽快な景色と源泉でリフレッシュ

津和野・吉賀を巡る旅も終盤です。日が暮れかける中、むいかいち温泉ゆららへたどり着きました。広々とした浴場が人気の、さらりとした湯が特徴の温泉です。
毎分1トンの湧出量を誇る温泉で、源泉風呂は加熱されておらず、まさに自然の恵みそのままの湯を楽しむことができます。神経痛、関節痛、冷え性に効果があるそうです。 屋根がない露天風呂は開放感たっぷり。緑に囲まれた広々とした庭の真ん中から立ち上る湯気に誘われ、今日の旅を反芻しながらゆっくりと露天の湯に身をあずけました。
程よく疲れた体を湯で緩め、日暮れから夜へ、空の色が移り変わる様を見届けながらほっと一息。

温泉情報

泉質
単純弱放射能泉(低張性弱アルカリ性温泉)
効果
鎮静作用、肝臓病、糖尿病、美肌効果など
所在地
島根県鹿足郡吉賀町有飯238-2
営業時間
[お風呂]
10:00~22:00 (最終受付 21:00)
[レストラン]
11:00~14:30、17:30~20:30(夜は前日までの予約制です)
[売店]
7:00~21:00
[やくろ]
8:30~17:30
定休日
[お風呂] 第二水曜日
※9月・2月は特別休館日があります。
TEL
0856-77-3001
WEBサイトはこちら
むいかいち温泉ゆらら
0.5km

食

田園 でんえん

地元の素材を堪能し締めくくり

ぽっと灯ったランプと窓から溢れる光に引き寄せられ、扉を開けます。
「シーザーサラダ」はオーナー自家製の有機野菜や地産の野菜をたっぷり使ったこだわりの一品。「マルゲリータ」はふっくらとした柔らかい生地にチーズがたっぷり乗っていて、熱々とろとろです。皿にたっぷりと盛られた 「肉の三種盛り」はライド後のエネルギー補給にぴったりです。
牛は甘みと噛みごたえのバランスが良い身肉。豚肉はしっとりとして甘みがあり、噛むほどに肉汁が口の中に広がります。鶏肉は皮がぱりっと焼かれていて、香ばしさが口いっぱいに広がります。地元で育まれた食材そのものの味を生かした料理を味わい、英気を養いました。

夕食
三種肉の盛り合わせなど
ジャンル
フレンチ
所在地
島根県鹿足吉賀町六日市421
営業時間
11:30~14:00、18:00~22:00
定休日
月曜、第二日曜
TEL
0856-77-0160
田園

コースマップ

その他のコース

course1

100ZEROコース

コース全長97.1km

全体マップを確認する

例年開催されている益田INAKAライドのコースとしても親しまれているコースをメインに走ります。
なんと、100km走っても信号で止まる回数がゼロという奇跡のコースなんですよ。
INAKAの魅力を堪能するサイクリングへ出発です!

モデルコースを詳しく見る
100ZEROコース